男女の相性について ~九星気学による~

男女の相性について

 

 人と人との相性には、男女関係、家族関係、友達関係、社会での上下関係など様々な関係性があります。

良い相性はずっと続くのか?
もしかして相性が悪いのか?
人間関係の良し悪しは相性を知ることで、その理由や未来が分かるようになり今後の関係性の改善に役立ちます。
もしくは、よほど相性が合わない人とは付き合わない選択も・・
 相性の中でも男女関係は他の相性とは違い、精神面と肉体面の良方が関係するので特別なものになります。

 まず交際中はたとえお互い年齢が高くてもお互いの月命星同士で判断します。
そして結婚後の相性はお互いの本命星同士で判断します。
交際中を月命星同士で判断して、結婚後を本命星同士で判断するとその相性の
変化(変化しない場合も)の原因を知ることが出来ます。

九星気学による男女相性表を作ってみました。
結構、表現には苦労しましたがご覧になってみて下さい。
相性の説明は表の下にあります。

注)この相性は古い時代からの判断になるので、男尊女卑的な観点は否めませんが
  是非、自分自身と相手を客観的に見直してみて下さい。

吉凶の判断

👨大吉
夫婦二人がお互いを全面的に信頼し、妻より夫を天性のままに活動させて発展
していく大吉の相性。一生、争破なしの運勢。 
 
関白型大吉
夫が妻をリードし、妻は夫の指導を得て良い家庭をなす大吉運。
亭主関白型。甲斐性のある男性しか成しえない相性。
気の強い女性には不向き。

小吉👩
夫が妻を大事にする相性。妻は少々わがままになる。ややもすれば妻の
気ままを夫がフォローする格好で九星気学的には第三第四の相性の判断。
妻のことに時間を取られ自由に外で活動出来ないので 大成功はしない。
カカア天下。現代の男女の相性で働く女性には良い相性かも。

○吉
大体五分の相性。不満の少ない相性で男女よりも友達関係に近い相性。 

👨大凶
妻が夫の運勢を全面的に凶殺。カカア天下の中でも最強で夫は成功しない。
しかし、陰性に沈む男で意志薄弱な男にはこのパターンで主客転倒して
良家庭を築くケースがあり、その実例も多い。 

✖ 凶
同星同士でお互いに意志の突っ張りあいで夫婦仲は常に円満には成り難い
相性。

▲ 小凶
上の✖凶相性に準じる同星同士の中でも、この組合せは吉に変わる可能性
があるので小凶の相性とする。

 

 
たいこう
男女の相性は複雑ですが、👨大吉パターンか
○吉の相性がマッタリのようです。
女性にとっては、小吉👩もいいですね。


相性についてもっと詳しく調べるときはこの九星気学による相性と
四柱推命での命式で判断すると、かなり高い的中率で判断できます。
人間関係の悩みが軽くなりますよ!

もっと詳しく相性を知りたい方は、
お問い合わせ
もしくは
運命鑑定/開運の印章オーダー
からお申し込み下さい。

男女関係以外の相性について



吉凶の判断(男女の相性とは異なります)

友達関係、仕事関係、家族、親戚など一般的な相性は男女関係とは全く
違った相性になりますので男女相性表と比較しながらご覧ください。

◎大吉
五行では相手に尽くしてもらえる相性です。
この関係は男女でも同性でも家族でも、とても良い相性です。

木←水・水←金・金←土・土←火・火←木

〇吉もしくは〇中吉
五行では同じ星同志で気が合います。
友達や同僚同士にはベストな相性ですね。

木⇔木・火⇔火・土⇔土・金⇔金・水⇔水

〇小吉
五行では相手に尽くす相性です。
尽くすことで相手から尽くしてもらえることも。

木→火・火→土・土→金・金→水・水→木

✖凶
五行では相手を剋し(虐め)ます。
この関係を知ったときは、自分が相手を労わる気持ちがあれば上手くいくことも。

土→水・水→火・火→金・金→木・木→土

✖大凶
五行では相手に剋され(虐められ)ます。
出来れば避けたい関係ですね。

土←木・木←金・金→火・火←水・水←土

男女の相性と一般的な相性との違い
・男女の相性では「関白型大吉」は女性の星に当たる方が剋され(虐められ)
 ることになるので一般的には大凶の相性となります。
 男尊女卑的な判断ですが、この相性が大きく異なるところです。
・男女関係では一白水星同士、二黒土星同士・・と同じ星同志は凶の
 相性ですが、一般的には同星で気が合い中吉程度の関係になります。
 少しでもご参考になれば幸いです。

 
たいこう
相性については九星気学による相性と
四柱推命での命式で判断すると、
かなり高い的中率で関係の良し悪し
が判断ができます。

※五行について詳しくは『ウィキペディア(Wikipedia)』

もっと詳しく相性を知りたい方は、
お問い合わせ
もしくは
運命鑑定/開運の印章オーダー
からお申し込み下さい。

 

 





読んでみて!